忍者ブログ
グロービートジャパンについての情報をまとめています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

JR総武線からほど近く、京葉道路沿いに位置する亀戸駅前店は、直営
店でも数少ない女性店長の稲垣さんを中心にまわしています。スタッフにいつも言い続けていることは、「口先で『かしこまりました』ではなく、心から『ハイ』と言いなさい」ということ。お客様があったかいと思えるようなお店作りを目指しています。

 男性客が大半を占めるというこちらのお店では、ランチは女性スタッフ中心(癒し系)、ディナーは男性スタッフ中心という、雰囲気二毛作作戦を実施されています。
PR
1997年2月にオープンした南大沢店。加盟した当時は、
赤いテントに提灯がぶら下がった、初期型の店舗でした。その5年後、契約更新とともに現在のスタンダードタイプへリニューアル。カウンターのみ15席の店内は、明るく清潔で開放感にあふれていました。

その節目節目に雑誌「月刊食堂」に取り上げられていました。南大沢店の目の前を走る多摩ニュータウン通りは、神奈川県の相模原へ続く幹線道路。交通量も多く、お客さんはやはり運転手の方がメインです。ところが、土日となるとガラッと客層が変わり、お子様連れのファミリーが大半を占めます。

営業中いつも心掛けていることは、「きちんとした商品を出す」こと。当たり前のようですが、常連のお客様に安心してご利用いただくことが、お店を長生きさせる秘訣だとも、オーナーはおっしゃっておりました。これからも体に気をつけて、スタッフの皆さんとともにガンバッテ!
今年12月でオープンから丸5年を迎えた川越バイパス店。3年前に初の
嵐化を果たしたことは、記憶に新しいでしょう。スタンダードから黒を基調にした嵐にリニューアルしたことは、当時センセーショナルを呼びましたが、時は流れ、周辺の環境も刻々と変化してきました。

そんな状況にあっても売上が差ほど影響していないということは、常連のお客様が何度もご来店されている証でしょう。では何故、このお店に常連の方が多くいらっしゃるのかというと、鈴木店長の「地域一番店」の考え方にあるのかもしれません。

川越周辺の経済を花月中心に循環させていくには、どうしていかなければならないのか?それは、実際にお店に足を運ぶと分かります。まず、お店がキレイ。そして、働いているスタッフが楽しそうに笑顔で仕事をしている。そして、お客様に真摯な姿勢で接している。こんな雰囲気が全体に広がって、他のお店の人からも「雰囲気いいね」と褒められるそうです。
翠商事株式会社が運営する「らあめん花月嵐池袋店」は、言わずと知れたラーメン激戦区。個性の強いお店が多い中で、チェーン展開しているラーメン店がやっていけるのか?と、グロービートジャパン内でもいろいろな意見が出たそうです。

メニューの豊富さや接客に対するこだわりなど、<誰でも楽しめて、こだわるところにはこだわっている>お店づくりに魅力を感じていただき、加盟いただくことになったそうです。

他にもダイニングバーやカフェなど8件運営している同社ですが、「サービスをどのように気持ちよく提供できるかを追求するという基本的な姿勢は、どの業態でも一緒。花月の接客マニュアルでも参考になることはたくさんある」と、内田社長はおっしゃっておりました。
グロービートジャパン:会社概要
会社名 グロービートジャパン株式会社
(英文表記 GLOBEAT JAPAN INC.)
設立日 1994年6月8日
所在地 [本社]
〒167-0043
東京都杉並区上荻1丁目14番5号

グロービートジャパン:その他の情報
年商 4,853百万円(2004年9月期)
店舗数 210店舗
グロービートジャパンの事業内容 飲食チェーン経営及びフランチャイズ事業
所属協会 社団法人 日本フランチャイズチェーン協会 正会員
社団法人 日本フードサービス協会 正会員


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
QRコード
ブログ内検索
アーカイブ